デジモノ×ステーション付録の格安SIM、0SIM by So-netをfreetelのPriori3でアクティベーション


IMG_8815

明けましておめでとうございます。

話題になったものはとりあえず試す、そんな当社の今年の初ネタはデジモノステーション 2016年02月号付録の格安SIM、0SIM by So-net」です!

年末にかなり話題になりましたが、なんといっても通信量500Mまでは無料!というのが大きいのではないでしょうか。

幸いこのSIMカードを手に入れましたので、freetelの12,800円と格安のSIMフリー端末、プラスワンマーケティング FREETEL Priori3 LTEに入れてアクティベーションしてみました。

0SIM by So-netはナノSIM(nanoSIM)

いきなりですが、早速の壁です。

0SIMはナノSIMなので、Priori3で使うにはマイクロSIMのサイズに変換するアダプターが必要になります。

So-netに言って取り替えてもらうこともできますが有料です。

アダプター買った方が安くて早いです。

今回はSIMカードアダプタセットを使いました。500円くらいなのでサクッとポチります。

Priori3の裏蓋を開け、電池を抜いてからアダプターをセットしたSIMを差し込みます。

IMG_8804

Priori3の電源を入れます

電源を入れるとまず出て来るのが言語選択画面。

普通に日本語を選択すればOK。

IMG_8805

なお、余計な通信で通信量を増やさないよう、Google向けの通信は切りました。

Sorry! Google!

IMG_8809

設定!

まずは「設定」アイコンをタップ。

Screenshot_2016-01-04-12-42-59

「もっと見る」をタップ。

Screenshot_2016-01-04-12-43-10

「モバイルネットワーク」をタップ。

Screenshot_2016-01-04-12-43-25

「アクセスポイント名」をタップ。

Screenshot_2016-01-04-12-43-38

so-net_lteを選択して、アクセスポイントを編集します。

Screenshot_2016-01-04-12-44-03

認証タイプだけ変更しておきます。

Screenshot_2016-01-04-12-48-10

変更したら、右上のメニューボタンをタップして保存。

Screenshot_2016-01-04-12-48-19

いよいよ0SIMのアクティベーションへ!

いよいよアクティベーションに移ります。

このページにまずはアクセスします。→アクティベーションページ

act8

カードに記載された電話番号とパスワードを入力します。

act7

これを、以下に入力。

act9

次に、個人情報入力画面に映ります。

act10

最後にクレジットカード情報を入力。

act11

決定すると、確認画面→開通となります。

そのあと、Priori3を再起動。

「優先SIMカードを更新しますか?」で更新を選択、「データSIMに切り替えています…」のメッセージが表示されます。

はい、これで開通完了、ネットにも接続できます。

Screenshot_2016-01-04-12-56-22

通信量制限をしておこう

0SIMは500M超えると有料になります。

使用量はSo-netのwebサイトで確認できますが、若干タイムラグがある模様。

正直、有料と言っても知れたものですが一応通信量制限をしておきます。

「設定」→「データ使用量」へ。

Screenshot_2016-01-04-15-28-55

こんな感じで通信量制限をしてみました。

 


カテゴリ:
タグ:,,,,

集客できる格安ホームページ制作|Webma!