iOS9の新機能:どうなるネット広告!アドブロック機能でAdSenseもAdWordsも表示されない

iOS9の新機能を取り上げてきましたが、今回は本業であるWeb集客にかかわる大事な機能を紹介します。

結論から言うと、AdSenseだけではなく、AdWords広告も表示されなくなります。

つまり、リスティング広告に集客を依存している場合はダメージを受けることになるでしょう。

コンテンツブロック機能

IOS9に搭載されたブラウザSafariでは、コンテンツブロック機能を利用することができます。

具体的にいうと「広告ブロック」の機能です。

もっともこの機能はブラウザに組み込まれているというよりも、広告ブロックできるアプリを開発できるようにしました、ということになります。

そこで、このアプリを使って試してみます。

広告ブロックアプリ Crystal

Photo-2015-09-19-16-30-35_6999

あっという間にランキング1位になっていますね。

Photo-2015-09-19-16-30-54_7001

iPhone5s以前は使えませんので要注意。

購入・インストールして立ち上げてみます。

Photo-2015-09-19-16-31-57_7002

指示通り、[設定] → [Safari] へ。

Photo-2015-09-19-16-32-16_7003

コンテンツブロッカーが追加されています。

Photo-2015-09-19-16-32-23_7004

Crystalをオンにします。

Photo-2015-09-19-16-32-27_7005

Crystalの広告ブロックはAdSenseもAdWordsも表示しない

実際にSafariを立ち上げてチェックしてみましょう。

筆者はAdSenseが表示されないという前情報は聞いていたのですが、ご覧の通り。

Crystalの広告ブロック無効の時

Photo-2015-09-19-16-38-49_7006

Crystalの広告ブロック有効の時

Photo-2015-09-19-16-39-08_7007

AdWordsも一切表示されません。