iOS9の新機能:低電力モードでバッテリーの消費を軽減する


iOS9で追加された新機能を試す、第二弾は「低電力モード」です。
バッテリーが最大1時間ぐらい長くもつとアナウンスされているiOS9ですが、きっとこの低電力モードの果たす役割は大きいはず。

なにしろこの機能で最大3時間延命できるというのですから。

低電力モードの設定

[設定] → [バッテリー] を選択。

image

[低電力モード]をオンにします。

image

動作条件

さて、この省電力モードはバッテリー残量が20パーセントになった時点で動作選択出来ます。

このポップアップが出たら、低電力モードを選択。

image
下図で、続けるを選択。

image

すると、バッテリー残量の部分が黄色に変わり、低電力モードに入ります。

ちなみに、充電して80パーセントまで回復するとこの低電力モードは自動解除されます。

image

低電力モードはかなり有効

以前のiOS8では、バッテリー残量が20%を切ると、それこそ「みるみる減っていく」という印象を持っている方も多いかもしれません。

今回の低電力モードは、明らかに変わります。

もっともメールの取得頻度などは低下しますが、率直に言ってそれほど影響も感じません。

今回のアップデートでiPhone5sでは動作がスローになったりという影響はあるものの、日常的に仕事で使う方などはこのモードが使えるという一点だけでも機会損失が減少できますから、アップデートしておいたほうが良いでしょう。


カテゴリ:
タグ:,

集客できる格安ホームページ制作|Webma!