iPhoneの指紋認証、Touch IDの設定方法

iPhoneの指紋認証機能、Touch IDでもっと便利に

iPhone 5s以降に搭載された指紋認証機能がTouch IDです。

とっても便利なのですが、「いまいち設定が難しそうで使っていない」という方もいるようなので設定方法の解説です。

設定→Touch IDとパスワード

「設定」アプリを立ち上げ「Touch IDとパスワード」を選択します。

IMG_9036

iPhoneのロックを解除 を右にしてオンに

「iPhoneのロックを解除」を右に動かし、オンにしてください。

IMG_9037

こんな画面が出てきます

出てくるんですが、ホームボタンを触っていると一瞬で次の画面に遷移します。

「なんか画面が出たんだけど一瞬で消えちゃう」という方、こんな画面です。

すっ飛ばしても大丈夫。

IMG_9040

いよいよ指紋を登録です

下のような画面が出て来ます。

「指でタッチ」と書いてますが、「指を離す」が出てくるまでホームボタンに指は乗せっぱなしで。

本当にただのタッチにすると、失敗しやすいです。

「指でタッチ」と「指を離す」が交互に何回か出ますので、その通りに続けてください。

IMG_9041

グリップを調整

途中、「グリップを調整」という画面が出てきます。

「続ける」をタップすると、今度は指の周辺を、と言われますが、指を寝かせるほど周辺にする必要はありません。

さっきのごく周辺という理解で進めてください。

指紋登録完了

IMG_9042

「続ける」をタップして、パスコードを設定します。

既にパスコードを設定済みの場合はここはスキップになります。

なお、パスコードはiOS9より6ケタになっていますので、新規に設定される際は6ケタでの登録となります。

ほかの指の指紋も登録しておこう

一つしか登録していないと、実はかなり不便です。

左手で持つときも右手で持つときもありますからね。

指紋1の下、「指紋を追加」からほかの指の指紋も登録できます。

IMG_9044

「指紋を追加」がグレーでクリックできない、指紋の登録ができない場合

まれに、「指紋を追加」がグレーアウトしていてクリックできない、「iPhoneのロックを解除」をオンにしてもすぐにエラーになってしまうケースがあります。

下はある知人のケース。

左下図のように「指紋を追加」がグレーでクリックできず、「iPhoneのロックを解除」をオンにしても右下図のようにすぐ「失敗 Touch ID設定を完了できませんでした。戻ってやり直してください。」と出てきてしまう。

err2

このケースではいくつかの原因が考えられるようですが、一つはホームボタンに保護シールが貼ってある場合。

そしてもう一つは故障。

今回は、ホームボタンと電源ボタンの同時長押しで再起動し、再度やり直したところうまくいきました。

LINEのパスコードでもTouch IDの指紋認証を使おう

LINEでも、パスコードの代わりにこの指紋認証を使うことができます。

「その他」→「設定」

まずは、「その他」→「設定」へ進み、「プライバシー管理」を開きます。

IMG_9049

パスコードロックを右にしてオンに

IMG_9046

パスコードを設定

IMG_9047

「Touch IDの使用」がオンになっていることを確認

パスコードを設定すると以下の画面になります。

IMG_9048

Touch ID使用が画像のようにオンになっていることを確認してください。

なっていない場合はオンにします。

これで、LINEでも指紋認証機能を使うことができるようになります。

IMG_9052