Gmailで外部のSMTPサーバー利用時にメール配信エラーが発生するケースについて


Gmailで外部のSMTPサーバー利用時にメール配信エラーが発生するケースが4月7日前後から増加しているようで、Gmailヘルプのコミュニティにもヘルプ投稿が多く見受けられます。

メールが送信できない

添付ファイルがあると送信できない

送れたり送れなかったりする

といった事象が確認されており、世界中で同じ問題が発生しているようです。

https://support.google.com/mail/thread/38667196?hl=ja

https://support.google.com/mail/thread/38844949?hl=ja

https://support.google.com/mail/thread/38336515?hl=en

Webma!ご利用のお客様においても一部においてこうした問題が発生しているため、ここで解決策について記載します。

発生しているメール送信エラーについて

[名前] の機能を使用して、別のアドレスまたは別のエイリアスからこのメールを送信しようとしています。[名前] のアカウントの設定に誤りがあるか、設定が最新の状態ではありません。設定を確認して、もう一度送信してみてください。

TLS Negotiation failed, the certificate doesn’t match the host.

というメッセージが表示され、メールの送信ができません。

1.本件は、サーバー自体からの送信は実行されます。

よって、メーラー(Gmail)とサーバーとの接続がうまくいっていないのが原因です。

2.Gmailヘルプのコミュニティで提示されている解決策のうち、以下を実行してください。

———————————

Gmailを開く

設定(右上の歯車)をクリック

「アカウントとインポート」タブを開く

送信できていないメールアドレスの「情報を編集」をクリック

「smtpサーバ名」を、「実際の利用smtpサーバ名」に変更

———————————

実際の利用smtpサーバ名というのは、実際にテストメールをサーバから送信すると分かります(Webma!のお客様は弊社までお問い合わせください)。

例えば独自ドメインでexample.comを使用している場合、mail.example.comなどのsmtpサーバー名になっていることがあります。

しかしながら、ここで言う実際の利用smtpサーバ名とは、ドメインを登録しているサーバー自体のsmtpサーバー名のことです。

レンタルサーバーであれば、sakura.ne.jpやonamae.ne.jpなどを指します。

 

ホームページ制作Webma!なら月額費用9,800円~相談し放題!

「自分で好きな時に好きなように作ることができる」を目的としたWebma!のサポートは、月額費用が9,800円(税別)で相談し放題です。
でも商品の中身がわからない状態で契約はちょっと…と思いますよね。
まずは無料の2週間お試しデモサイトをご利用ください!

ホームページ制作webmaの月額サポート

カテゴリ:
タグ: