E-ラーニング用システム(LMS)、Moodleをインストールする


Moodleインストール

業務上、Eラーニングのシステム(LMS)、Moodleを使用する機会がありましたので、インストール方法を。

インストール環境
CentOS 6.7
Apache バージョン 2.2.15
MySQL version 5.6.26
PHP5.6

Moodleのダウンロード

まずは下記のページからMoodleをダウンロードします。

Moodleダウンロードページ

2015年8月19日現在の最新版は Moodle 2.9.1+となっていますので、これをダウンロードして解凍します。

Moodleダウンロード

ダウンロードしたら、ルートディレクトリに中身をすべてアップロードします。

Moodleのインストール

アップロード後、ブラウザからアクセスしてみましょう。

2015081902

言語は日本語を選択して、次へボタンをクリックします。

2015081903

パスの確認・設定画面です。

データディレクトリはルートディレクトリの上の階層にして、ネット上からのアクセスができないようにしておきましょう。

データディレクトリ名は任意です。

このディレクトリは自動生成されますので、あらかじめ作成していなくても問題ありませんでした。

2015081904

データベースの選択画面です。

MySQLであれば、ネイティブmysqliでOKです。

2015081905

データベース設定画面です。

ホスト名、データベース名、ユーザー名、パスワードを入力します。

データベースポート、Unixソケットは空白のままで構いません。

2015081906

著作権表示・確認の画面に移行します。

確認したら続けるボタンをクリックします。

2015081907

サーバーチェック画面です。

チェックと表示されたものについて調整していきます。

今回は3つのチェックが表示されました。

php_extension soap

php_extension intl

php_setting opcache.enable

の3つです。

php_extension soap

コマンドからインストールします。

yum install php-soap

でインストールという記載もネット上にありますが、今回のインストール環境がPHP5.6なので、

yum install php56w-soap

でインストールします。

php_extension intl

コマンドからインストールします。

こちらも、
yum install php-intl

ではダメです。
yum install php56w-intl

でインストールします。

php_setting opcache.enable

コマンドからインストールします。

こちらはphp-develが必要という前情報でしたので、まずこれを入れておきます。

ついでにこのサイトの要領通り進めていきます。

yum install php56w-devel

そのあと、php5.5から導入されたzendopcacheをインストール。

yum install php56w-pecl-zendopcache

全部インストールしたら、最後にApacheを再起動します。

2015081908

これですべて「OK」となりました。

続けるボタンをクリックして先に進みます。

2015081909

上記画面でずらずらとインストールの完了が表示されます。

次に進んで、サイト情報、ユーザーアカウントの設定を行って終了です。


カテゴリ:
タグ:

トップへ戻る
集客できる格安ホームページ制作|Webma!