「インバウンドマーケティング」改訂版が販売開始!webマーケティング初心者にもお勧めの一冊

これでわからなかったら、ずっとカネをかけて広告を出すしかない

友人であり仕事仲間でもある前田健二氏翻訳による「インバウンドマーケティング」改訂版がすばる舎より販売開始となりました!

普段書籍ネタはあまり書かないのですが、いいなあと思うところが多かったのでご紹介。

webマーケティング初心者に勧めたい、基礎部分の充実

広告などで露出を増やし、売り込みを行う旧来のスタイルに対する反発も強くなった昨今、新しいスタイルとして既にだいぶ根付いた感もあるインバウンド型マーケティングですが、これはつまりユーザーに探してもらう、見つけてもらうといういわば受け身のマーケティング手法でもあります。

しかしながら、ユーザーがどのように探すのか、どのように見つけてもらうのか、これをきちんと理解して「いかにピンポイントでそこにいるか」を突き詰めるならそれは単なる受け身ではない手法として成立します。マーケティングの理想形は営業、セールスをなくすこと。自ら発見し自ら調査し納得した上で購買に至る流れをスムーズな形で実現できるように用意する必要があります。

これをweb上で実現するためには様々なテクニカルな要素があるのも事実。Webma!ではそうした内容を遠隔操作も使いながら無制限でサポートしていますが、基礎部分についてのまとまった「テキスト」があれば、と思っていました。

「インバウンドマーケティング」はその役目を十分に果たすことのできる良書でした。

例えば見出しをどうつけるのか

例えば、記事を投稿する際、ページを作る際にどんな見出しをつければよいのか。

検索順位への影響も踏まえたうえで、キャッチーな見出しを付ける方法など、細かく具体的な手法に触れています。

Webma!のユーザーの皆さんならコンテンツがどれだけ大切かは十分に意識されているはず。

そんなコンテンツの作り方など、Webma!スタッフが伝えたいことがこの一冊にきちんと凝縮されています。

そんなわけで、現代のWebマーケティングの基礎を一通りマスターできるこの一冊を読破すると、Webma!のコンセプトをもっとよく理解できるかもしれません。

ご購入はお近くの書店、もしくはAmazonからどうぞ。